前へ
次へ

建売一戸建てにおける土地の価値を考える

注文住宅で一戸建てを建てるときは先に土地を用意してその後に建物を建てます。
自然と土地と建物の価値を認識せざるを得ない状態と言えるでしょう。
一方建売一戸建てで購入するときは土地の上に建物がある状態で販売されています。
販売価格は土地代と建物代を足した額になっているので、購入時はそれぞれがどれくらいの価格かをあまり認識しないときもあるようです。
不動産の売買価格は自由に決められるものの、周辺の地価などが参考にされるケースが多いので一応土地の価格は認識した方が良いでしょう。
建売を購入して住み始めると、建物の価値は次第に減っていき10年もすれば新築時よりもかなり下がると言えるでしょう。
住める状態でも20年経過するとほとんど無価値と言われるときもあり、となると資産として購入するなら土地にどれだけの価値があるかを考えた選び方も必要になります。
今はまだ住みにくくても将来的に開発が進められそうなところだと地価が上昇するかもしれません。

Page Top