前へ
次へ

新しい街づくりをしていく一戸建て

マンションの購入では新築と中古があり、新築当初に入居すると他の住人と同時期に入居する形になります。
一方中古の場合は他の住人は既に大半が入居後一定期間経過している中で自分たちだけ新たにそこに住むことになります。
昔ほどの近所づきあいは不要と言っても住人の間でそれなりに気遣いがあるので、慣れるまで結構大変に感じるかもしれません。
新築の一戸建てを購入する時にはその販売のされ方によって住む環境が異なるので注意が必要です。
再開発された土地に住宅会社がまとめて住宅を建設したようなところはいわば新築分譲マンションの状況に似ています。
近所の人たちは同時期に入居した人が多いので、その人たちと一緒に新しい街づくりをしながら住むことになります。
一方既に街がある土地の一角で建てられた建売の一戸建てもあり、こちらは新築でありながら中古マンションに入居する感覚かもしれません。
同じ新築でも建てられている環境によって住み心地が結構変わります。

Page Top